チベットの光 (64) 師父の書簡【伝統文化】

プダは、ミラレパの美しい歌声を聴いているうちに、だんだんと心が落ち着いてきた。彼女は、歌で歌われている故事をつぶさに聴いた後で言った。  「もしお兄さんの言っているようなことが本当…

もっと見る >

チベットの光 (63) 兄妹の再会【伝統文化】

チベットの光 (63) 兄妹の再会【動画】

ある日、ミラレパの郷里で仏像を前に一年に一度の塑仏像大集会が催されるというので、妹のプダも郷里に戻って食を求めた。狩人の一群が、そこである歌を歌い、周りの人たちも拍手喝采し、聞く人…

もっと見る >

チベットの光 (62) 修行快楽歌【伝統文化】

チベットの光 (62) 修行快楽歌【伝統文化】

「私は人だ!幽霊などではない!」、ミラレパが答えた。  「あれ、君はウェンシーではないのか」ミラレパを知っている人が、その声を聴いて問うた。  「ごもっとも。私はウェンシーだ」  …

もっと見る >

チベットの光 (61) 人か幽霊か【伝統文化】

チベットの光 (61) 人か幽霊か【伝統文化】

ミラレパの洞窟の中での修行も過ぎていった。このとき、彼の衣服はすでにボロボロになり、叔母が彼の地所を売りとばしてよこした毛皮も修繕不可能になったので、彼はこれらのボロをかき集めて円…

もっと見る >

チベットの光 (60) 狩人の凌辱【伝統文化】

チベットの光 (60) 狩人の凌辱【伝統文化】

洞窟での修行はまた一年が過ぎた。  ある日、一群の狩人たちが狩りに出たが、終日狩りをしても、何も得られなかった。彼らは面白くなく、腹も減っていて、何ともなしに漫然と歩いているとミラ…

もっと見る >

チベットの光 (59) 野草のイラクサ【伝統文化】

叔母がくれた食料をミラレパは毎日少しづつ節約して食べていたが、それでも食べきってしまう日がある。四年が経過して、しまいには何の食物もなくなった。もし山を下りて食を乞わなければ、飢え…

もっと見る >

チベットの光 (58) 精進苦修の誓い【伝統文化】

去りゆく叔母の後姿を見るミラレパの心の中には、一種強烈な悲哀が広がっていた。彼の心には、さまざまなものが交錯していた。ジェサイが彼にした話、母親と妹の悲惨な命運、叔父の彼に対する怨…

もっと見る >

チベットの光 (57) 忍辱【伝統文化】

叔母が帰った後もミラレパは洞窟の中で修行を続けた。しかし、しばらくすると修煉の壁に突き当たった。自らどのように努力しようとも、それを突破することができずに、どうしたものかと思案に明…

もっと見る >

チベットの光 (56) 叔母の来意【伝統文化】

ジェサイは、ミラレパの話を聴いてじっと何か考えている様子だった。彼女にはどうしても理解できなかった。彼女の観念の中の大法師とは高みにある存在で、人々からの尊敬を受け、法事に明け暮れ…

もっと見る >

チベットの光 (55) 許嫁との再会【伝統文化】

ミラレパは食料をもって、疲労困憊して傷ついた身体を引きずりながら洞窟へ帰った。彼は歩きながら思った。  郷里の近くに住んではみたものの、地元住民の怒りをかってしまった。もういっその…

もっと見る >