【 遠見快評】禅師のお茶が啓示する中共の洗脳術サリバン氏の「米国は中国を変えようとはしていない」は屈服か、それとも強硬か?米中関係の「競争」と【動画】

20211111【 遠見快評】禅師のお茶が啓示する中共の洗脳術サリバン氏の「米国は中国を変えようとはしていない」/ 大紀元

中共は幼稚園から大学、さらには就職後までも、絶えず決められた内容のものを人々に植え付け、極めて閉鎖的な環境を作り上げています。

その種の教化には、朝鮮戦争が米国の侵略者から国を守るための戦争だったといった、比較的単純な嘘とミスリードから、「ダーウィン主義」や、「武装暴動による権力奪取」など非常に体系的な価値観形成まであります。

前者の比較的単純な嘘情報に関しては、少し外の世界に接触すればすぐにわかりますし、嘘だと認めることができます。

しかし後者のほうの教化洗脳は簡単に気づけません。そしてこの種の教化が実際に人の価値観を形成させるまでいけば、私たちが目にしているケースが現れます。つまり、例え中共が嘘をついていると知っても、それでもなお「中共のやり方は正しかった。なぜならば世界は弱肉強食のジャングル社会だから、道義などと言ってはいられない」と結論付けるのです。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (120) アメリカ (130) インド (120) ウクライナ (154) チベット (123) トランプ (210) バイデン (274) バイデン政権 (155) ポンペオ (169) ロシア (220) ワクチン (300) 上海 (170) 中共 (1923) 中共ウイルス (528) 中共当局 (292) 中共軍 (119) 中国 (1421) 中国企業 (124) 中国共産党 (904) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (169) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (213) 北京 (163) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (627) 封鎖 (121) 新型コロナウイルス (158) 新疆ウイグル人 (201) 日本 (393) 法輪功 (254) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (131) 米中対立 (124) 米国 (760) 習近平 (614) 臓器狩り (169) 軍事 (196) 迫害 (163) 香港 (415)

関連記事

コメントを追加