CIA長官「中共はCIAが直面する最大の挑戦」対ロ非難避ける中国を牽制【動画】

1972年から今月16日で50周年を迎えた中国共産党の対米「パンダ外交」。中共政権がパンダを利用して自国のイメージアップを図る狙いとは裏腹に、米中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官は14日、ジョージア工科大学での演説の中でウクライナに侵攻したロシアへの非難を避けている中国について、「プーチンによる侵略のサイレントパートナー」だと批判しました。また、 中国共産党を米国の諜報機関が直面する最大の挑戦だとの認識を示しました。

転載 NTDTVJP


インド (138) ウクライナ (216) コロナウィルス (153) スパイ活動 (165) トランプ (270) バイデン (335) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (319) ワクチン (317) 上海 (206) 中共 (2675) 中共ウイルス (570) 中共当局 (319) 中共軍 (171) 中国 (1874) 中国企業 (145) 中国共産党 (1153) 中国崩壊 (145) 中国当局 (145) 中国経済 (259) 中国製 (139) 人権侵害 (324) 伝統文化 (228) 北京 (231) 北京五輪 (180) 南シナ海 (145) 台湾 (798) 台湾海峡 (139) 封鎖 (154) 抗議デモ (146) 新型コロナウイルス (192) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (483) 法輪功 (306) 法輪功学習者 (169) 洪水 (191) 災害 (186) 疫病 (171) 米国 (896) 習近平 (894) 臓器狩り (225) 軍事 (215) 迫害 (193) 香港 (477)

関連記事

コメントを追加