【遠見快評】バイデン・習電話会談 どうなる米中関係【動画】

20210913 【遠見快評】バイデン・習電話会談 どうなる米中関係 / 大紀元

日本時間の10日午前、バイデン米大統領は中国の習近平国家主席と政権発足後、2回目となる電話会談を行いました。

この90分にも及ぶ突然の会談は、以下の3つの重要な背景の下で行われました

第1に、米情報部門による中共ウイルスの起源調査の最終報告書では、武漢の研究所の責任を明確に定義していなかったこと

第2に、シャーマン米国務副長官や気候変動問題担当のケリー米大統領特使が相次ぎ中国を訪問し、双方の間に効果的なコミュニケーション・メカニズムが確立されることを望んだが、しかしそれが実現できなかったこと

第3に、中共がアフガニスタンの件を利用して、米国の「国際秩序のリーダー」および「民主のビーコン」としてのイメージや正当性を損なわせたため、米国がその情報戦の中で受動的になっていること

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (92) アメリカ (127) インド (101) スパイ活動 (93) チベット (105) トランプ (185) バイデン (217) バイデン政権 (128) ポンペオ (153) ワクチン (211) 中共 (1219) 中共ウイルス (445) 中共当局 (177) 中国 (929) 中国企業 (91) 中国共産党 (690) 中国崩壊 (141) 中国当局 (119) 中国経済 (130) 中国製 (92) 人権侵害 (247) 伝統文化 (189) 北京 (83) 南シナ海 (104) 台湾 (364) 抗議デモ (78) 新型コロナウイルス (103) 新疆 (90) 新疆ウイグル人 (161) 日本 (294) 法輪功 (197) 法輪功修煉者 (110) 法輪功学習者 (84) 洪水 (151) 災害 (142) 疫病 (105) 米中対立 (117) 米共和党 (81) 米国 (517) 習近平 (376) 臓器狩り (125) 英国 (88) 軍事 (121) 迫害 (128) 香港 (319)

関連記事

コメントを追加