米上院委員会、台湾のWHO総会参加をサポートする法案可決【動画】

20210803 米上院委員会、台湾のWHO総会参加をサポートする法案可決 / 大紀元

米上院外交委員会は7月28日、世界保健機関(WHO)の最高意思決定機関である世界保健総会(WHA)に、台湾がオブザーバー参加権を取り戻すために協力する戦略を打ち出すよう、国務省に求める法案を全会一致で可決させた。

上院外交委員会の委員長で同法案を率いたロバート・メネンデス(Robert Menendez)議員は、「中国が台湾を孤立させ、国際的な組織や機関へのいかなる形の参加も妨げようとする試みは、国際的に経済的・政治的な安全保障を脅かすものだ」と声明の中で述べた。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (118) アメリカ (129) インド (119) ウクライナ (143) チベット (119) トランプ (203) バイデン (271) バイデン政権 (155) ポンペオ (167) ロシア (212) ワクチン (299) 上海 (168) 中共 (1880) 中共ウイルス (523) 中共当局 (287) 中共軍 (118) 中国 (1392) 中国企業 (123) 中国共産党 (900) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (165) 中国製 (121) 人権侵害 (309) 伝統文化 (213) 北京 (160) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (598) 封鎖 (117) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (199) 日本 (390) 法輪功 (254) 法輪功学習者 (134) 洪水 (167) 災害 (161) 疫病 (127) 米中対立 (123) 米国 (740) 習近平 (590) 臓器狩り (168) 軍事 (194) 迫害 (163) 香港 (409)

関連記事

コメントを追加