英大チーム「武漢でコウモリを確認できず」【動画】

20210611 英大チーム「武漢でコウモリを確認できず」/ 大紀元

英オックスフォード大学動物学部の野生動物保全調査ユニット「WildCRU(ワイルドクルー)」は、科学雑誌「ネイチャー(NATURE)」に8日掲載した研究論文で、ウイルスの発生源とされた武漢の海鮮卸売市場では2017年5月以降、コウモリやパンゴリン(日本名センザンコウ)は販売されていなかったと指摘した。世界保健機関(WHO)の調査報告書の結論を覆すものとなった。  

ワイルドクルーの責任者であるデビッド‧マクドナルド教授は、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の大流行が始まる前に、自身のチームは中国の大学との共同研究で武漢の全ての海鮮卸売市場からデータを収集していたという。武漢で販売される野生動物の正確な情報を記録していた。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (114) アメリカ (129) インド (116) ウクライナ (128) チベット (118) トランプ (202) バイデン (262) バイデン政権 (154) ポンペオ (165) ロシア (189) ワクチン (294) 上海 (127) 中共 (1766) 中共ウイルス (520) 中共当局 (274) 中国 (1306) 中国企業 (117) 中国共産党 (873) 中国崩壊 (142) 中国当局 (134) 中国経済 (157) 中国製 (115) 人権侵害 (306) 伝統文化 (213) 北京 (152) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (570) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (195) 日本 (379) 法輪功 (243) 法輪功修煉者 (113) 法輪功学習者 (126) 洪水 (159) 災害 (150) 疫病 (125) 米中対立 (123) 米国 (703) 習近平 (553) 臓器狩り (165) 英国 (113) 軍事 (174) 迫害 (159) 香港 (390)

関連記事

コメントを追加