【新聞看点】「ワシントン・ポスト」紙の記事、ウイルスは研究所の流出か?;WHOウイルス対応誤りだった テドロス再選の行方【動画】

「ワシントン・ポスト」紙は25日、時系列で分析して、“研究所の流出説がどのようにして急に信憑性があるようになったか”という長文の記事を掲載しました。

WHOは現在、世界的な健康危機の予防、準備、検査、対応などの処理において「深刻な欠陥」を抱えているとして、WHOはこの分野での能力を強化するため、6人のメンバーからなるワーキンググループを設立する。

中共ウイルスのパンデミックから1年半が経ち、これまでに世界192か国で1億6000万人以上が感染し、350万人近くが死亡した。WHOが対応システムに「重大な欠陥」があることに気づいたのは遅すぎたのではないか。国際社会が責任を問わなくても、亡くなった人たちはどうなるのだろうか。 彼らは責任を問わないのか?

転載真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (114) アメリカ (129) インド (116) ウクライナ (128) チベット (118) トランプ (202) バイデン (262) バイデン政権 (154) ポンペオ (165) ロシア (189) ワクチン (294) 上海 (127) 中共 (1766) 中共ウイルス (520) 中共当局 (274) 中国 (1306) 中国企業 (117) 中国共産党 (873) 中国崩壊 (142) 中国当局 (134) 中国経済 (157) 中国製 (115) 人権侵害 (306) 伝統文化 (213) 北京 (152) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (570) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (195) 日本 (379) 法輪功 (243) 法輪功修煉者 (113) 法輪功学習者 (126) 洪水 (159) 災害 (150) 疫病 (125) 米中対立 (123) 米国 (703) 習近平 (553) 臓器狩り (165) 英国 (113) 軍事 (174) 迫害 (159) 香港 (390)

関連記事

コメントを追加