「中共はジェノサイド実施」 豪州議員が北京冬季五輪のボイコットを呼びかけ【動画】

米国、カナダ、オランダなどの国が、議会の決議案を通して中国共産党によるウイグル人に対する残虐行為を大量虐殺(ジェノサイド)と認定してから、国際社会において北京2022冬季オリンピックのボイコットを求める声が高まっています。最近、豪州連邦議会議員ジョージ‧クリステンセン(George Christensen)氏は、新唐人の取材に対し、中共はジェノサイドの罪を犯し、大型のスポーツイベントを利用してその罪を粉飾しようとしており、豪州には北京冬季オリンピックをボイコットする正当な理由があると述べました。

最近、豪州上院議員のレックス‧パトリック(Rex Patrick)氏は、中共がウイグル人に対して犯した罪をジェノサイドと認定するよう政府に要求する動議を提出すると同時に、国際オリンピック委員会(IOC)に対して来年の冬季オリンピックにおいて北京での開催を中止するよう要請したと述べました。連邦議員のクリステンセン氏もパトリック議員の呼びかけに賛同の意を示しています

転載 NTDTVJP


Twitter (79) アメリカ (125) インド (94) スパイ活動 (87) チベット (94) トランプ (183) バイデン (194) バイデン政権 (117) ポンペオ (151) ワクチン (149) 中共 (1062) 中共ウイルス (374) 中共当局 (142) 中国 (807) 中国企業 (73) 中国共産党 (615) 中国崩壊 (141) 中国当局 (103) 中国経済 (117) 中国製 (76) 人権侵害 (218) 伝統文化 (177) 共産主義 (69) 北京 (72) 南シナ海 (89) 台湾 (290) 新型コロナウイルス (73) 新疆 (75) 新疆ウイグル人 (144) 日本 (265) 法輪功 (176) 法輪功修煉者 (106) 法輪功学習者 (70) 洪水 (101) 災害 (106) 疫病 (95) 米中対立 (114) 米共和党 (77) 米国 (450) 習近平 (305) 臓器狩り (116) 英国 (75) 軍事 (110) 迫害 (118) 香港 (289)

関連記事

コメントを追加