世界一の「がん大国」中国 環境問題が最大の要因【動画】

世界保健機関(WHO)が発表した最新のデータによると、中国は2020年でがんの罹患率が最も高い国となり、がんによる死亡率は、2番目のインドと比べて3.5倍以上となっています。中国の環境保護活動家は、中国共産党の改革方式の工業化による環境汚染が、がんの発症率を押し上げていると考えています。

中共の官製メディアは、WHOの最新データを引用し、「中国では2020年に457万人ががんに罹患し、300万人が死亡。がんの罹患数‧死亡者数がともに世界で最も高く、1日平均12,500人のがん患者が確認され、中国は世界一のがん大国となった」と報じました。

がんの部位別死亡者数では、肺癌が最も多く、次に肝臓癌となっています。近年は若年化の傾向もみられ 、特に5歳未満児の罹患率の増加が顕著になっています。

中国におけるがん罹患率の増加には、環境汚染、過剰なストレス、食生活及び高齢化の加速などが関係していると考えられています。

転載 NTDTVJP


Facebook (44) Twitter (56) アメリカ (119) インド (62) スパイ活動 (76) チベット (45) トランプ (159) バイデン (149) バイデン政権 (91) ポンペオ (127) ワクチン (64) 中共 (705) 中共ウイルス (238) 中共当局 (84) 中国 (425) 中国共産党 (410) 中国崩壊 (139) 中国当局 (59) 中国経済 (109) 中国製 (47) 人権侵害 (149) 伝統文化 (86) 共産主義 (50) 南シナ海 (63) 台湾 (159) 抗議デモ (53) 新型コロナウイルス (45) 新疆 (46) 新疆ウイグル人 (96) 日本 (132) 民主党 (63) 法輪功 (99) 法輪功修煉者 (60) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (80) 米中対立 (106) 米共和党 (57) 米国 (256) 習近平 (224) 臓器狩り (84) 軍事 (70) 迫害 (81) 香港 (189)

関連記事

コメントを追加