【新聞拍案驚奇】市民記者 張展氏 コロナ状況発信で懲役4年【動画】

今年の初め、武漢の疫病は非常に深刻で、庶民は苦しんでいて、自分の意見を言うことができなかった。中共による迫害に直面しているため、自分の実体験を世間に晒す人は少なく、ほとんどの人は口をつぐみ、「助けを求める」という概念がなく、独裁政府の言いなりになる人もいた。しかし、何人かの勇気ある人が立ち上がった! 彼らは、不当な扱いを受けた人は、意見を述べる権利があると考え、国民が経験したパンデミックの深刻さは、より多くの人に知らせる必要があると感じ、中共には何らかの監督が必要だと感じていた。方斌(ほうひん)氏、陳秋実(ちん しゅうじつ)氏などは自発的に市民記者になったが、すぐに逮捕され、方氏はその後行方不明になっている

もう一人の市民記者張展(ちょう てん)氏も、今年2月初旬、コロナ流行のピーク時に武漢から実態を報じた。 国民の本音を反映している人が、結局中国本土では悪者になってしまい、今年の5月に逮捕されてしまった。上海の浦東新区(ほとうしんく)拘置所に送られた張氏は、長引くハンガーストライキで抗議し、挿管と食事を強制され、また、足枷をかけられ、拘束帯を締められた。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Twitter (73) アメリカ (125) インド (88) スパイ活動 (83) チベット (83) トランプ (179) バイデン (182) バイデン政権 (111) ポンペオ (146) ワクチン (124) 中共 (933) 中共ウイルス (335) 中共当局 (126) 中国 (674) 中国企業 (65) 中国共産党 (528) 中国崩壊 (140) 中国当局 (86) 中国経済 (113) 中国製 (72) 人権侵害 (194) 伝統文化 (167) 南シナ海 (83) 台湾 (242) 情報 (63) 抗議デモ (64) 新型コロナウイルス (62) 新疆 (65) 新疆ウイグル人 (130) 日本 (219) 民主党 (66) 法輪功 (147) 法輪功修煉者 (97) 洪水 (65) 災害 (68) 疫病 (87) 米中対立 (114) 米共和党 (69) 米国 (393) 習近平 (271) 臓器狩り (101) 英国 (67) 軍事 (97) 迫害 (100) 香港 (243)

関連記事

コメントを追加