【禁聞】中国当局は経済の回復をアピール 上海や深圳では大量の実店舗が閉店【動画】

中共当局は対外的には疫病米中貿易戦争の打撃を受けた中国経済はすでに回復し、第二四半期にはマイナスからプラスに転じたと発表しています。一方、経済専門家は中共の経済データは虚偽に満ちていると指摘し、上海と深圳の住民は店舗の閉鎖が相次いでいるとインターネットに投稿しています。

中共国務院の劉鶴副総理は10月21日にフィナンシャル・ストリート・フォーラム2020に出席し、中国経済には現在いくつかの新たな動向がみられ、第二四半期にはマイナスからプラスに転じて3.2%成長し、第三四半期にはさらに4.9%成長したと述べました。

ウォール・ストリート・ジャーナルは10月22日、疫病の発生以来、中国に数億人いるとされる低所得者はいまだに失業や減収といった苦境に立たされており、彼らは社会福祉が欠けているだけでなく、生計を維持するだけの貯えもないと指摘しています。

専門家は、失業率は経済回復データの背後にある真実の状況を反映していると考えています。

転載NTDTVJP


Facebook (47) Twitter (59) アメリカ (119) インド (63) スパイ活動 (76) チベット (47) トランプ (162) バイデン (152) バイデン政権 (95) ポンペオ (130) ワクチン (66) 中共 (725) 中共ウイルス (242) 中共当局 (85) 中国 (438) 中国共産党 (422) 中国崩壊 (139) 中国当局 (64) 中国経済 (109) 中国製 (47) 人権侵害 (153) 伝統文化 (91) 共産主義 (51) 南シナ海 (66) 台湾 (167) 抗議デモ (54) 新型コロナウイルス (45) 新疆 (47) 新疆ウイグル人 (97) 日本 (136) 民主党 (63) 法輪功 (103) 法輪功修煉者 (63) 法輪功学習者 (52) 洪水 (62) 災害 (64) 疫病 (80) 米中対立 (107) 米共和党 (58) 米国 (268) 習近平 (228) 臓器狩り (85) 軍事 (72) 迫害 (82) 香港 (195)

関連記事

コメントを追加