ポンペオ氏 中国メディア6社をまた「外国使節団」扱い米国の親台反共路線は当分変化なし【動画】

【脱党支援センター2020年10月29日】

下院の対中工作部は、中共がもたらす脅威に対処するための137の立法案を含む「対中工作チーム法案」を導入した。この立法案から、米国のシンクタンクの調査・分析に至るまで、米国の対中政策は短期間で大きく変化しないことは明らかだ。分かりやすく言えば、中共が存在する限り、米国の対中対策はこの輪から抜け出せず、すべて中共に厳しい対策にならざるを得ず。その対極にあるのが台湾への強い支持ななのだ。

転載大紀元 エポックタイムズ・ジャパン


Twitter (79) アメリカ (125) インド (93) スパイ活動 (87) チベット (93) トランプ (183) バイデン (194) バイデン政権 (117) ポンペオ (151) ワクチン (148) 中共 (1057) 中共ウイルス (372) 中共当局 (142) 中国 (799) 中国企業 (73) 中国共産党 (613) 中国崩壊 (141) 中国当局 (103) 中国経済 (117) 中国製 (76) 人権侵害 (218) 伝統文化 (177) 共産主義 (69) 北京 (72) 南シナ海 (89) 台湾 (288) 新型コロナウイルス (73) 新疆 (75) 新疆ウイグル人 (143) 日本 (264) 法輪功 (176) 法輪功修煉者 (106) 法輪功学習者 (70) 洪水 (94) 災害 (98) 疫病 (95) 米中対立 (114) 米共和党 (77) 米国 (450) 習近平 (305) 臓器狩り (116) 英国 (74) 軍事 (110) 迫害 (118) 香港 (287)

関連記事

コメントを追加