『共産党についての九つの論評』 【第三評】中国共産党の暴政【動画】

『共産党についての九つの論評』 【第三評】中国共産党の暴政【動画】

【脱党支援センター2020年8月5日】 序文 暴政と言えば、中国人は秦の始皇帝による苛政と焚書坑儒を連想するものがある。始皇帝の「天下の資産が尽きるまで政治のために」《漢書・食貨志…

もっと見る >

「中国は世界で一番幸せな国だと思っていた」 矢板明夫氏が洗脳体験語る【ニュース】

「中国は世界で一番幸せな国だと思っていた」 矢板明夫氏が洗脳体験語る【ニュース】

産経新聞の矢板明夫・台北支局長は、4月4日に行われた新唐人テレビの情報番組「熱点互動」のインタビューで、子供の頃に中国共産党に洗脳され、帰国後に日本社会との対比で嘘から目が覚めたと…

もっと見る >

『共産党についての九つの論評』 【第一評】共産党とは一体何ものか【動画】

『共産党についての九つの論評』 【第一評】共産党とは一体何ものか

序文 5000年来、中華民族は黄河と長江が育んだこの地に生まれ、生活し、数十の王朝を経て、輝かしい文明を築き上げてきた。その間、栄枯盛衰を繰り返しながら、怒涛の如き壮大なる、感動の…

もっと見る >

中共の戦狼外交官と文革時の紅衛兵【動画】

中共の戦狼外交官と文革時の紅衛兵

中共政府の戦狼外交は、攻撃性を強める外交官や報道官の姿勢に表れていますが、その背景を少し探ってみましょう。 多くの人々は、現在の中共政権の戦狼外交と、1960年代から70年代にかけ…

もっと見る >

【米国思想リーダー】 トランプ政権がいかにして米国の対中政策を永久的に変えたか ーマイク・ポンペオ前国務長官の中国政策首席顧問 余茂春氏【動画】

【米国思想リーダー】 トランプ政権がいかにして米国の対中政策を永久的に変えたか ーマイク・ポンペオ前国務長官の中国政策首席顧問 余茂春氏

「米国思想リーダー」今回はマイク・ポンペオ前国務長官の中国政策首席顧問を務めていた、マイルズ・ユウ(余茂春)さんに話を伺った。現在も多くの人が中国政権に幻想を抱いているが、中国共産…

もっと見る >

学校名から「ワシントン」「リンカーン」消える【動画】

学校名から「ワシントン」「リンカーン」消える

アメリカ版文革か 学校名から「ワシントン」「リンカーン」消える サンフランシスコ市教委が決定 米カリフォルニア州サンフランシスコ市の統一学区教育委員会は27日、「人種差別に関わった…

もっと見る >

【 01.14 役情最前線】トランプ米統領 12日はTXで演説 | 米国 文化大革命を彷彿させる様相 | 2020年 中国の強制臓器収奪に対する米議会の三つの動き

【 01.14 役情最前線】トランプ米統領 12日はTXで演説

【 01.14 役情最前線】1. トランプ米統領 12日はTXで演説2. 米国 文化大革命を彷彿させる様相3. 2020年 中国の強制臓器収奪に対する米議会の三つの動き4. 1.5…

もっと見る >

コロナで文革時代に逆戻りか 中国の農村部で作業ポイント制度導入へ【動画】

コロナで文革時代に逆戻りか 中国の農村部で作業ポイント制度導入へ

【脱党支援センター2020年9月23日】 中国経済は不況に陥っており、多くの失業者が地方に戻ってきている。最近、 杭州市蕭山区では、「労働報酬計算システム」と呼ばれる電子政府が導入…

もっと見る >