中国の過剰生産&格安販売が世界のサプライチェーンに与える衝撃【時事ノイズカット:91】【動画】

中国企業による電気自動車(EV)などの格安販売が、世界のサプライチェーンの安定に脅威をもたらしています。

先月28日、中国のスマートフォン大手の小米(シャオミ)は同社初のEV「SU7」の発売を発表しました。

こうした中、4日から訪中しているジャネット・イエレン米財務長官は、過剰生産とEVなどの格安販売によるサプライチェーンの歪みについて中国当局と協議し、必要な措置を取るよう促すと表明しています。

米通商代表部のキャサリン・タイ代表も、中共が非市場的手段で世界の重要産業チェーンを支配しようとしていると最新の年次報告書で述べました。

本日の構成はこちらです。1.米財務長官、中国の過剰生産を問題視、2.小米がEV市場に参入、テスラに挑戦、3.EU、中国製EV販売の国際的な拡大に警鐘、4.中国当局の経済的な介入 以上4つのテーマに沿って進めて参ります。

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


インド (138) ウクライナ (220) コロナウィルス (154) スパイ活動 (165) トランプ (273) バイデン (336) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (323) ワクチン (317) 上海 (206) 中共 (2709) 中共ウイルス (570) 中共当局 (319) 中共軍 (172) 中国 (1892) 中国企業 (146) 中国共産党 (1167) 中国崩壊 (145) 中国当局 (145) 中国経済 (260) 中国製 (139) 人権侵害 (326) 伝統文化 (232) 北京 (232) 北京五輪 (180) 南シナ海 (146) 台湾 (803) 台湾海峡 (140) 封鎖 (154) 抗議デモ (147) 新型コロナウイルス (193) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (488) 法輪功 (308) 法輪功学習者 (173) 洪水 (193) 災害 (186) 疫病 (172) 米国 (903) 習近平 (899) 臓器狩り (226) 軍事 (215) 迫害 (194) 香港 (478)

関連記事

コメントを追加