ロンドンの公共ピアノ事件、その裏にいる人物とは【動画】

🔵フル視聴はこちら
👉https://eptms.jp/Yt-UsAircraftCarrier

🔴 購読のお申し込みはこちら 今なら初月は半額!
👉https://eptms.jp/AircraftCarrier-Ysub

🔵 もっと見る
👉https://www.epochtimes.jp/tv
👉https://eptms.jp/YT-GlobalFocusPoints
👉https://eptms.jp/Yt-ContinentalNews
👉https://eptms.jp/Y-EquityInvestment
👉https://eptms.jp/Yt-ChinaDeflation
👉https://eptms.jp/YT-HackingAttacks

2024年1月19日、この事件は起きた... 

ロンドンのセント・パンクラス駅の公共ピアノでライブ演奏を配信していたピアニスト・ドクターKことブレンダン・カヴァナー氏の動画に中国人集団が自ら挨拶をして映り込んできた。最初は楽し気に一緒に過ごしていたが、しばらくしてまた戻ってきた彼らは今度は様子が違っていた。

「先程撮影した動画は削除しなければならない 違法だ」 と言ってきたのだ。
そして、中国人が一方的にカヴァナー氏を怒鳴りつける騒動になった。
この動画が広まると、ネット上では理不尽な中国人集団の振る舞いにあきれたというコメントが溢れた。

しかし、それだけとは言えない真実が見えてきた、このトラブルの背景に何があったのか、掘り下げてみよう

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


インド (138) ウクライナ (216) コロナウィルス (153) スパイ活動 (165) トランプ (270) バイデン (335) バイデン政権 (161) ポンペオ (173) ロシア (319) ワクチン (317) 上海 (206) 中共 (2673) 中共ウイルス (570) 中共当局 (319) 中共軍 (170) 中国 (1871) 中国企業 (145) 中国共産党 (1153) 中国崩壊 (145) 中国当局 (145) 中国経済 (259) 中国製 (139) 人権侵害 (324) 伝統文化 (228) 北京 (231) 北京五輪 (180) 南シナ海 (145) 台湾 (797) 台湾海峡 (139) 封鎖 (154) 抗議デモ (146) 新型コロナウイルス (192) 新疆ウイグル人 (207) 日本 (483) 法輪功 (306) 法輪功学習者 (169) 洪水 (190) 災害 (186) 疫病 (171) 米国 (896) 習近平 (894) 臓器狩り (225) 軍事 (215) 迫害 (193) 香港 (477)

関連記事

コメントを追加