最終戦争:米国の打倒を目論む中国共産党の「百年の計」| TEASER【動画】

🔵フル視聴はこちら
👉https://bit.ly/Y-CentennialPlan

🔴 購読のお申し込みはこちら 今なら初月は半額!
👉https://bit.ly/YT–Subs

🔵 もっと見る
👉https://www.epochtimes.jp/tv

このドキュメンタリー作品は、大紀元記者ジョシュア・フィリップによる一つの旅の記録と言える。彼は、一流の中国専門家の知見、歴史的事実、地政学的闘争を紐解きながら、中国共産党の脅威を暴くべく調査報道と言う名の旅を続けている。

これまで中国共産党(以下、中共)の正体は謎に包まれてきた。

彼らは自分たちの専門用語を用い、予測不能な行動を取り、裏の顔を変え続けていく。しかし、そこには悪質な陰謀が隠されており、米国がその中心的な標的にされていた。

アフガニスタン、ロシア・ウクライナ戦争、台湾海峡における中共の戦術はどれほど危険か。
現代の最も切実な問題の背後には、中共の対米戦略が潜んでいるが、それは一体どんなものなのか。
なぜ中共は「第三次世界大戦」の構想を推進しているのか。

パンデミック後の混沌とした世界を理解しようとすると、ますます多くの証拠が中国との関連性を帯びてくる。

気づけば私たち大紀元の調査チームは、中共の起源にまで遡り、その百年来の秘密、すなわち米国打倒の陰謀を暴露する方向に進んでいた。

本作は、一流の中国専門家や内部告発者へのインタビューを軸に、膨大な党内記録や党幹部自身の言動を読み解き、過去70年にわたる米中関係の隠された真実を明らかにしていく。

党の指導者たちは何世代にもわたって次々に計画を実行してきた。しかし、腐敗し欺瞞に満ちた共産党指導部は、政策をころころと変えているうちに、もはや目標達成からは遠ざかった。

2020年、本作と同じ調査チームがドキュメンタリー作品『中共ウイルスはどこから? 武漢コロナウイルスの根源を探る』を制作した。中共政権がパンデミックについて致命的な隠蔽工作を行ったことを暴露し、反響を呼んだ。しかし、このパンデミックの起源に関する調査も氷山の一角に過ぎなかった。中共政権の本当の望みは「米国の死」だ。

なぜ、こんなことになったのか。一体、米国は中国について何を勘違いしていたのか。本作はその疑問に答えている。

私たちは中共を何年も研究し、熟知しているつもりだったが、今回の発見は私たちの想像を超えていた。本作は、これまでの中共に対する認識を大きく揺さぶるものとなるだろう。

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


Twitter (135) アメリカ (131) ウクライナ (177) コロナウィルス (127) チベット (126) トランプ (218) バイデン (294) バイデン政権 (158) ポンペオ (171) ロシア (254) ワクチン (305) 上海 (186) 中共 (2070) 中共ウイルス (546) 中共当局 (303) 中共軍 (126) 中国 (1529) 中国企業 (130) 中国共産党 (933) 中国崩壊 (144) 中国当局 (141) 中国経済 (182) 中国製 (126) 人権侵害 (311) 伝統文化 (218) 北京 (189) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (658) 封鎖 (152) 抗議デモ (137) 新型コロナウイルス (165) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (413) 法輪功 (259) 法輪功学習者 (136) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (150) 米国 (804) 習近平 (684) 臓器狩り (176) 軍事 (202) 迫害 (167) 香港 (422)

関連記事

コメントを追加