CIA極秘プロジェクト「300万年前の宇宙戦争」 東西の異なる文化圏で、火星が戦争やわざわいに関係すると信じられている本当の理由【動画】

🔵フル視聴はこちら
👉https://bit.ly/Y-SpaceWar

🔴 購読のお申し込みはこちら 今なら初月は半額!
👉https://bit.ly/YT–Subs

🔵 もっと見る
👉https://www.epochtimes.jp/tv

古くから、火星は「不吉」「戦争」「疫病」などのシンボルととらえられてきました。バビロニアでは戦いと疫病・飢餓・死を司る神ネルガル、中国では悪の守護神「熒惑(けいこく)」、ギリシャ神話では軍神アレスの姿とされ、ローマ神話ではアレスと同一視されるマルスとなり、現在のマーズ(Mars)という英語名もこれに由来します。

東西の異なる文化圏で、火星が戦争や禍(わざわい)に関係すると信じられているのはなぜでしょうか。見た目が赤く、血の色に似ているだけなのでしょうか?まずは一人の子供の事から話さなければなりません。

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


Twitter (135) アメリカ (131) ウクライナ (177) コロナウィルス (127) チベット (126) トランプ (218) バイデン (294) バイデン政権 (158) ポンペオ (171) ロシア (254) ワクチン (305) 上海 (186) 中共 (2070) 中共ウイルス (546) 中共当局 (303) 中共軍 (126) 中国 (1529) 中国企業 (130) 中国共産党 (933) 中国崩壊 (144) 中国当局 (141) 中国経済 (182) 中国製 (126) 人権侵害 (311) 伝統文化 (218) 北京 (189) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (658) 封鎖 (152) 抗議デモ (137) 新型コロナウイルス (165) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (413) 法輪功 (259) 法輪功学習者 (136) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (150) 米国 (804) 習近平 (684) 臓器狩り (176) 軍事 (202) 迫害 (167) 香港 (422)

関連記事

コメントを追加