中国感染爆発、武漢初期の状況と現在の比較、4つの点で類似 致死率の高い変異株 海外に拡散か?【世界の十字路】│ TEASER【動画】

🔵フル視聴はこちら
👉https://bit.ly/Y-MutantStrain

🔴 購読のお申し込みはこちら 今なら初月は半額!
👉https://bit.ly/YT–Subs

🔵 もっと見る
👉https://www.epochtimes.jp/tv

海外メディアによると、1月1日までに北京の東郊葬儀社だけで火葬を待つ遺体が2000体もあると推定されています。もちろん、すべてがコロナで亡くなったというわけではありませんが、葬祭業の関係者によると、以前は1日30体から40体程度だったのが、正式に閉鎖が解除された後は1日200体に増えたといいます。

この比率でいくと、少なくとも8割の遺体の死因が疫病と関わっていることになります。

もちろん、これはごく大まかな目安に過ぎません。しかし、北京には12か所の斎場があります。この点を考えると、北京だけでなく、全国各地を合わせると、とんでもない死者数になるのではないでしょうか。

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


Twitter (135) アメリカ (131) ウクライナ (177) コロナウィルス (127) チベット (126) トランプ (218) バイデン (294) バイデン政権 (158) ポンペオ (171) ロシア (254) ワクチン (305) 上海 (186) 中共 (2070) 中共ウイルス (546) 中共当局 (303) 中共軍 (126) 中国 (1529) 中国企業 (130) 中国共産党 (933) 中国崩壊 (144) 中国当局 (141) 中国経済 (182) 中国製 (126) 人権侵害 (311) 伝統文化 (218) 北京 (189) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (658) 封鎖 (152) 抗議デモ (137) 新型コロナウイルス (165) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (413) 法輪功 (259) 法輪功学習者 (136) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (150) 米国 (804) 習近平 (684) 臓器狩り (176) 軍事 (202) 迫害 (167) 香港 (422)

関連記事

コメントを追加