中国監視技術企業が制裁対象に 拷問道具「タイガーチェア」が注目される【動画】

米商務省は12月15日、中国の36の事業体を輸出管理規則上のエンティティリストに掲載すると公表しました。監視テクノロジー企業のティアンディ(天津天地偉業)も制裁リストに掲載されており、米シンクタンク「民主主義防衛財団」が今月初めに発表した報告書では、ティアンディがどのように中共の民衆への監視や拷問に手を貸しているのかについて明らかにしています。 

転載 ニュース最前線 香港


Twitter (135) アメリカ (132) ウクライナ (177) コロナウィルス (127) トランプ (219) バイデン (294) バイデン政権 (158) ポンペオ (171) ロシア (256) ワクチン (305) 上海 (186) 中共 (2077) 中共ウイルス (548) 中共当局 (304) 中共軍 (126) 中国 (1533) 中国企業 (131) 中国共産党 (935) 中国崩壊 (144) 中国当局 (141) 中国経済 (182) 中国製 (126) 人権侵害 (311) 伝統文化 (218) 北京 (189) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (661) 封鎖 (153) 抗議デモ (137) 新型コロナウイルス (166) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (413) 法輪功 (259) 法輪功学習者 (136) 洪水 (168) 災害 (167) 疫病 (150) 米中対立 (126) 米国 (804) 習近平 (688) 臓器狩り (177) 軍事 (202) 迫害 (167) 香港 (422)

関連記事

コメントを追加