「中国共産党を打倒せよ!」白紙革命抗議活動が新宿駅前で開催 数百人集結し主張訴える【動画】

ゼロコロナ政策を推し進める中国で、習近平の退陣、中国共産党の退陣を要求する異例のデモが中国各地で行われた。
きっかけとなったのが11月24日、中国新疆ウイグル自治区のウルムチで10人が死亡したマンション火災(民間では、44人が死亡と言う)。周辺地域がロックダウンされていたため、消防の到着の遅れにつながったという批判が巻き起こった。
参加者たちが一様に「白い紙」を手にしていた。
白紙は政府批判の文言を掲げないことで、検閲や逮捕の対象になるのを避ける作戦。
デモに参加した人は「白紙は、私たちが言いたいが言うことができないすべてを表している」と。
ロンドン、パリ、東京、シドニーを含め、欧州、アジア、北米の各都市で国外居住の中国留学生によって小規模な集会や抗議デモが行われている。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (135) アメリカ (132) ウクライナ (177) コロナウィルス (127) トランプ (219) バイデン (294) バイデン政権 (158) ポンペオ (171) ロシア (256) ワクチン (305) 上海 (186) 中共 (2079) 中共ウイルス (548) 中共当局 (304) 中共軍 (126) 中国 (1535) 中国企業 (131) 中国共産党 (935) 中国崩壊 (144) 中国当局 (141) 中国経済 (182) 中国製 (126) 人権侵害 (311) 伝統文化 (218) 北京 (189) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (661) 封鎖 (153) 抗議デモ (137) 新型コロナウイルス (166) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (413) 法輪功 (259) 法輪功学習者 (136) 洪水 (168) 災害 (167) 疫病 (150) 米中対立 (126) 米国 (804) 習近平 (688) 臓器狩り (177) 軍事 (202) 迫害 (167) 香港 (422)

関連記事

コメントを追加