18年間禁書中 中共の命運を分析した「九評共産党」【世界の十字路】| TEASER【動画】

🔵フル視聴はこちら
👉https://bit.ly/Y-Destiny

🔴 購読のお申し込みはこちら 今なら初月は半額!
👉https://bit.ly/YT–Subs

🔵 もっと見る
👉https://www.epochtimes.jp/tv

今日は『共産党についての九つの論評(九評共産党)』についてご紹介したいと思います。
この本は2005年度に米国で報道部門トップ賞に輝き、「全世界の華人を震撼させた本」、「共産党を全面的に崩壊させる本」、「中国再生のお手本を示す道徳書」として注目された本です。李登輝・台湾前総統やウクライナ初代大統領をはじめとする各界の著名人も絶賛しています。

なぜこの本は出版後、今日に至るまで、中国共産党(中共)から禁書の扱いを受けたのでしょうか。当局はなぜこの本を恐れているのか?今日はその答えを一緒に探しましょう。

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


Twitter (135) アメリカ (132) ウクライナ (177) コロナウィルス (127) トランプ (219) バイデン (294) バイデン政権 (158) ポンペオ (171) ロシア (256) ワクチン (305) 上海 (186) 中共 (2078) 中共ウイルス (548) 中共当局 (304) 中共軍 (126) 中国 (1534) 中国企業 (131) 中国共産党 (935) 中国崩壊 (144) 中国当局 (141) 中国経済 (182) 中国製 (126) 人権侵害 (311) 伝統文化 (218) 北京 (189) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (661) 封鎖 (153) 抗議デモ (137) 新型コロナウイルス (166) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (413) 法輪功 (259) 法輪功学習者 (136) 洪水 (168) 災害 (167) 疫病 (150) 米中対立 (126) 米国 (804) 習近平 (688) 臓器狩り (177) 軍事 (202) 迫害 (167) 香港 (422)

関連記事

コメントを追加