「中国の嫌がることが日本の国益に適う」「中国に忖度する必要はない」日華議員懇談会古屋会長、「日台共栄首長連盟」会合で自治体間【動画】

日華議員懇談会の古屋圭司会長は17日、日台間の自治体交流を推進し、中国共産党を牽制することについて、「日台共栄首長連盟」の会合で講演を行った。あらゆる事態を想定して「平和ボケ」から脱却し、中国に忖度せず堂々と主張していくべきだと強調した。

8月の米ペロシ下院議長訪問を皮切りに、日本をはじめとする世界各国の要人の訪台が相次いでいる。その背景にあるのが、中国の常軌を逸した動きだと古屋氏は指摘した。

古屋氏は、日本の地方自治体が台湾との姉妹都市提携を盛んに進めるべきだと強調した。「実は、中国が一番嫌がることをやるのが日本の国益に叶う。これは間違いないことだ」

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


Twitter (131) アメリカ (130) ウクライナ (174) チベット (125) トランプ (218) バイデン (289) バイデン政権 (158) ポンペオ (170) ロシア (246) ワクチン (302) 上海 (181) 中共 (2008) 中共ウイルス (529) 中共当局 (296) 中共軍 (121) 中国 (1464) 中国企業 (126) 中国共産党 (924) 中国崩壊 (144) 中国当局 (137) 中国経済 (174) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (216) 北京 (177) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (651) 封鎖 (142) 抗議デモ (130) 新型コロナウイルス (161) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (400) 法輪功 (257) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (134) 米中対立 (125) 米国 (791) 習近平 (663) 臓器狩り (173) 軍事 (201) 迫害 (166) 香港 (418)

関連記事

コメントを追加