民間企業の末日?中共が公私共営、戦争のための準備か?【世界の十字路】│ TEASER【動画】

🔵フル視聴はこちら
👉https://bit.ly/Y-Enterprise

🔵 もっと見る
👉https://www.epochtimes.jp/tv

ここ数日、中国で最も敏感なキーワードは「混合所有制」と「公私共営」です。アリババテンセントTikTokなど、いくつかの代表的なハイテク大手企業が相次いで国有企業と提携したり、出資を受けたりしています。つまり、国家体制が民営企業の経営に介入しているのです。

習近平氏は戦争に備えて資金を調達しなければならないため、「公私共営」を通じてすべての民営企業の資源を一歩一歩統制し、将来、軍事動員の安全性を高めるでしょう。今回の党大会後、習氏の最大の政治的野心は台湾侵攻です。戦争に最も必要なのは資金と資源なので、今回の公私共営はまさに「台湾侵攻」に向けての準備体制と言えるでしょう。

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


Twitter (135) アメリカ (132) ウクライナ (177) コロナウィルス (128) トランプ (219) バイデン (294) バイデン政権 (158) ポンペオ (171) ロシア (257) ワクチン (305) 上海 (186) 中共 (2082) 中共ウイルス (549) 中共当局 (304) 中共軍 (126) 中国 (1537) 中国企業 (131) 中国共産党 (935) 中国崩壊 (144) 中国当局 (141) 中国経済 (182) 中国製 (126) 人権侵害 (311) 伝統文化 (218) 北京 (189) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (661) 封鎖 (153) 抗議デモ (137) 新型コロナウイルス (166) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (415) 法輪功 (259) 法輪功学習者 (136) 洪水 (168) 災害 (167) 疫病 (150) 米中対立 (126) 米国 (804) 習近平 (688) 臓器狩り (177) 軍事 (202) 迫害 (167) 香港 (422)

関連記事

コメントを追加