【拍案驚奇】反日感情を利用する 中共の統治手法【動画】

20211227【拍案驚奇】反日感情を利用する 中共の統治手法 / 大紀元

大紀元コラムニストの岳山氏は12月20日、“中共がスキャンダルを起こしたスターを批判するために3日以内にこうした動きをしたこと、しかも中規委が自ら出てきて大騒ぎしたことは非常に興味深いことだ”とコメントしました。
その原因の少なくとも一部は、世間の注目をそらすことにも関係しています。考えてみれば、間もなく北京冬季オリンピックが開催され、彭帅氏は、元中共副首相の張高麗氏から性的暴行を受けたと訴えた後、姿を消し、国際女子テニス協会も中国と香港での大会の中止を発表しました。また、米国など西側の民主主義国の中には、彭氏のことで中共に対する外交ボイコットを行っている国もあります。この時点で、王力宏の離婚は中共の急所を救うことになるかもしれません。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (131) アメリカ (130) ウクライナ (174) チベット (125) トランプ (218) バイデン (289) バイデン政権 (158) ポンペオ (170) ロシア (246) ワクチン (302) 上海 (181) 中共 (2008) 中共ウイルス (529) 中共当局 (296) 中共軍 (121) 中国 (1464) 中国企業 (126) 中国共産党 (924) 中国崩壊 (144) 中国当局 (137) 中国経済 (174) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (216) 北京 (177) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (651) 封鎖 (142) 抗議デモ (130) 新型コロナウイルス (161) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (400) 法輪功 (257) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (134) 米中対立 (125) 米国 (791) 習近平 (663) 臓器狩り (173) 軍事 (201) 迫害 (166) 香港 (418)

関連記事

コメントを追加