世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか【動画】

欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目に大きな港であるハンブルグに手を伸ばすことを許しました。港は経済的利益が絡むだけでなく、重要な軍事戦略的意義も備えています。では、欧州は中共からの経済面における誘惑と不透明なロビー活動を受けながら、中共の影響から抜け出すことはできるのでしょうか。豪州の反中共モデルは欧州でも機能するのでしょうか。また、米国の反中共同盟の一員である欧州が左右に揺れ続けていることについて、米国はどのように考えているのでしょうか。報道をご覧ください。

転載 NTDTVJP


Twitter (120) アメリカ (130) インド (120) ウクライナ (154) チベット (123) トランプ (210) バイデン (274) バイデン政権 (155) ポンペオ (169) ロシア (220) ワクチン (300) 上海 (170) 中共 (1923) 中共ウイルス (528) 中共当局 (292) 中共軍 (119) 中国 (1421) 中国企業 (124) 中国共産党 (904) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (169) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (213) 北京 (163) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (627) 封鎖 (121) 新型コロナウイルス (158) 新疆ウイグル人 (201) 日本 (393) 法輪功 (254) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (131) 米中対立 (124) 米国 (760) 習近平 (614) 臓器狩り (169) 軍事 (196) 迫害 (163) 香港 (415)

関連記事

コメントを追加