【遠見快評】世界的非難の彭帥事件、火消しに苦慮する中共。テニス選手事件を「示談」で解決?その背後にある計算とは?IOC自らが招いた災い、米中「ピンポン外交2 0」【動画】

20211125【遠見快評】世界的非難の彭帥事件、火消しに苦慮する中共 / 大紀元

彭選手の事件がこのままクールダウンして世論の注目から消えていくのか、それとも北京五輪ボイコットの影響がまだまだ続くのか、今後の数日間が最も重要となります。
国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長も同日(21日)、彭選手らと2対2のビデオ通話を行ったと発表しました。
まず、バッハ会長と彼女の通話に関する報道の中で、彼女の告発の件に関しては一切触れられていない、ということです。
彭選手の「今はプライバシーを尊重してほしい」の一言で全ての関連追及をブロックしています。

転載 ニュース最前線 香港


Twitter (103) アメリカ (127) インド (107) スパイ活動 (100) チベット (110) トランプ (192) バイデン (246) バイデン政権 (143) ファーウェイ (HUAWEI) (92) ポンペオ (155) ワクチン (253) 中共 (1426) 中共ウイルス (471) 中共当局 (199) 中共軍 (92) 中国 (1085) 中国企業 (103) 中国共産党 (761) 中国崩壊 (141) 中国当局 (129) 中国経済 (140) 中国製 (101) 人権侵害 (265) 伝統文化 (201) 北京 (103) 南シナ海 (123) 台湾 (467) 新型コロナウイルス (119) 新疆 (101) 新疆ウイグル人 (171) 日本 (339) 法輪功 (214) 法輪功修煉者 (111) 法輪功学習者 (99) 洪水 (157) 災害 (147) 疫病 (113) 米中対立 (123) 米国 (591) 習近平 (447) 臓器狩り (147) 英国 (97) 軍事 (142) 迫害 (139) 香港 (348)

関連記事

コメントを追加