【新聞看点】彭帥が北京で発見か 中共の怒り恐れないWTA【動画】

20211120【新聞看点】彭帥が北京で発見か 中共の怒り恐れないWTA / 大紀元

十数日が過ぎ、中共の副総理、張高麗氏に性行為を強要されたことを実名で暴露した元中国女子テニス選手、彭帥氏の行方が明らかになったようです。国際女子テニス協会WTAのスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)兼会長は11月15日、彭氏が「北京にいる」かもしれないと明らかにしました。

サイモン氏は「ニューヨーク・タイムズ」のインタビューで、“彼女(彭帥)は身の危険はなく、無事であることが、中国テニス協会をはじめ、複数の情報筋から確認されている”と述べましたが、“WTA大会関係者や現役選手を含め、WTAツアー関係者は誰も彭氏に直接連絡できない”とも指摘しました。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (120) アメリカ (130) インド (120) ウクライナ (154) チベット (123) トランプ (210) バイデン (274) バイデン政権 (155) ポンペオ (169) ロシア (220) ワクチン (300) 上海 (170) 中共 (1923) 中共ウイルス (528) 中共当局 (292) 中共軍 (119) 中国 (1421) 中国企業 (124) 中国共産党 (904) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (169) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (213) 北京 (163) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (627) 封鎖 (121) 新型コロナウイルス (158) 新疆ウイグル人 (201) 日本 (393) 法輪功 (254) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (131) 米中対立 (124) 米国 (760) 習近平 (614) 臓器狩り (169) 軍事 (196) 迫害 (163) 香港 (415)

関連記事

コメントを追加