【新聞看点】中共、砂漠で米艦模型でミサイル実弾演習【動画】

20211112【新聞看点】中共、砂漠で米艦模型でミサイル実弾演習 / 大紀元

「ロイター通信」や「AP通信」などの複数のメディアは、衛星映像を引用して、新疆ウイグル自治区のチャルクリク地区にある、タクラマカン砂漠には、中共ロケット軍が過去に対艦弾道ミサイル「東風21-D」の発射実験を行った範囲があると報じています。中共軍は、昨年7月に南シナ海で行われた対艦弾道ミサイルの実射実験で、「空母キラー」と呼ばれる東風21-Dミサイル6発を発射したことを明らかにしました。

同紙によると、中共の射場内には、米海軍の空母1隻、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦2隻の実物大の模型が存在しています。 両艦は、台湾を含む西太平洋周辺海域を哨戒する、米国第7艦隊に所属しています。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (120) アメリカ (130) インド (120) ウクライナ (154) チベット (123) トランプ (210) バイデン (274) バイデン政権 (155) ポンペオ (169) ロシア (220) ワクチン (300) 上海 (170) 中共 (1923) 中共ウイルス (528) 中共当局 (292) 中共軍 (119) 中国 (1421) 中国企業 (124) 中国共産党 (904) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (169) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (213) 北京 (163) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (627) 封鎖 (121) 新型コロナウイルス (158) 新疆ウイグル人 (201) 日本 (393) 法輪功 (254) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (131) 米中対立 (124) 米国 (760) 習近平 (614) 臓器狩り (169) 軍事 (196) 迫害 (163) 香港 (415)

関連記事

コメントを追加