彫刻の寺、柴又帝釈天。法華経説話彫刻、未来の国宝【動画】

20211012 彫刻の寺、柴又帝釈天。法華経説話彫刻、未来の国宝 / 大紀元

東京・葛飾、柴又帝釈天は「彫刻の寺」と言われ、境内に数多くの木彫がありますが、中でも帝釈堂内陣の外側にあります10枚の胴羽目彫刻は文化財として価値が高いものです。未来の国宝とも言われるほどです。

これは法華経に説かれる代表的な説話10話を選び視覚化したもので、大正11年(1922年)から昭和9年(1934年)にかけて、加藤寅之助ら10人の彫刻師が1面ずつ分担制作した。この羽目板の上方には十二支と天人、下方には千羽鶴が表され、高欄(縁)より下の部分には花鳥および亀を浮き彫りで表す。

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


Twitter (115) アメリカ (129) インド (116) ウクライナ (137) チベット (119) トランプ (203) バイデン (269) バイデン政権 (155) ポンペオ (166) ロシア (206) ワクチン (296) 上海 (162) 中共 (1835) 中共ウイルス (521) 中共当局 (279) 中国 (1353) 中国企業 (121) 中国共産党 (886) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (162) 中国製 (118) 人権侵害 (309) 伝統文化 (213) 北京 (160) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (583) 封鎖 (116) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (198) 日本 (383) 法輪功 (247) 法輪功学習者 (129) 洪水 (165) 災害 (157) 疫病 (126) 米中対立 (123) 米国 (723) 習近平 (576) 臓器狩り (167) 英国 (113) 軍事 (187) 迫害 (159) 香港 (402)

関連記事

コメントを追加