【遠見快評】実は侵略、朝鮮戦争を内戦としたかった中共。朝鮮戦争の本質【動画】

20211011 【遠見快評】実は侵略、朝鮮戦争を内戦としたかった中共 / 大紀元

中国の教科書上では、「朝鮮戦争の起因は内戦の勃発であり、北朝鮮が発動したのは統一戦争であり、侵略ではない」、そして、「我が国による朝鮮戦争への介入で多大なる犠牲を払ったが、しかしそれで米国が(朝鮮の後に)中国を侵略するのを防げた、もし朝鮮戦争で戦わなかったら、結局は次の戦争で戦うことになっていた」などと主張しています。

「朝鮮戦争が侵略戦争だったのか」という問題は非常に重要です。これは歴史や物事に対する私たちの善悪の価値観判断だけでなく、多くの人の人身の自由にも関わってるからです。

というのも、最近、映画「長津湖」を巡り、中国の著名ジャーナリストの羅昌平氏が中共が朝鮮戦争に関与したことの正当性を疑問視したがために、公安当局によって拘禁されたからです。
今日はまず、「朝鮮戦争に関与したことの正当性」に関する中共の主張とその背後に隠された2つの嘘についてお話ししたいと思います。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (115) アメリカ (129) インド (116) ウクライナ (137) チベット (119) トランプ (203) バイデン (269) バイデン政権 (155) ポンペオ (166) ロシア (206) ワクチン (296) 上海 (162) 中共 (1835) 中共ウイルス (521) 中共当局 (279) 中国 (1353) 中国企業 (121) 中国共産党 (886) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (162) 中国製 (118) 人権侵害 (309) 伝統文化 (213) 北京 (160) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (583) 封鎖 (116) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (198) 日本 (383) 法輪功 (247) 法輪功学習者 (129) 洪水 (165) 災害 (157) 疫病 (126) 米中対立 (123) 米国 (723) 習近平 (576) 臓器狩り (167) 英国 (113) 軍事 (187) 迫害 (159) 香港 (402)

関連記事

コメントを追加