【遠見快評】米国はなぜ今、孟晩舟CFOと司法取引したのか【動画】

20210927【遠見快評】米国はなぜ今、孟晩舟CFOと司法取引したのか / 大紀元

カナダで拘束され、米国が身柄引き渡しを求めていた中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)は24日、米検察当局との司法取引で合意し、3年近くにわたる法廷闘争は幕を閉じました。孟氏はこれにより事実上、自由の身となり、中国への帰国が可能となりました。

こうなると、人々の最大の関心は、なぜ米司法省がなぜ来月にも判決が下されるという時に、孟氏と積極的に取引をしたのかということですが、これは中国に拘束されている2人のカナダ人が主な要因の1つでしょう。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (115) アメリカ (129) インド (116) ウクライナ (137) チベット (119) トランプ (203) バイデン (268) バイデン政権 (155) ポンペオ (166) ロシア (206) ワクチン (296) 上海 (161) 中共 (1830) 中共ウイルス (521) 中共当局 (279) 中国 (1348) 中国企業 (121) 中国共産党 (886) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (161) 中国製 (118) 人権侵害 (308) 伝統文化 (213) 北京 (160) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (583) 封鎖 (116) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (198) 日本 (383) 法輪功 (246) 法輪功学習者 (128) 洪水 (165) 災害 (157) 疫病 (126) 米中対立 (123) 米国 (721) 習近平 (575) 臓器狩り (167) 英国 (113) 軍事 (185) 迫害 (159) 香港 (399)

関連記事

コメントを追加