【ニュース・インサイト】世界で7番目、豪州が原潜所有国になる理由。モリソン首相、3年間で劇的な変化、中共の仕業か?【動画】

20210924 【ニュース・インサイト】世界で7番目、豪州が原潜所有国になる理由。モリソン首相、3年間で劇的な変化、中共の仕業か?/新聞看點

豪州は原子力潜水艦を使って、南シナ海の重要な航路をパトロールすることができます。
豪州がフランスとの間で締結していた協議を脱して、米国から原子力潜水艦を購入するという決定をしたのもそのためです。 南シナ海における中共の脅威があまりにも大きいからです。 自分たちの安全を守るための唯一の選択だったのです。 モリソン氏は、「原子力潜水艦を作れるようになるまで米国のものを借りる」とまで言っていました。
そうすると、米国と中国のパワーバランスは明らかになります:米国には鉄壁の味方が増えましたが、中共には「不倶戴天の敵」が増えたかもしれません。

転載新聞看点【日本語版】


Twitter (115) アメリカ (129) インド (116) ウクライナ (137) チベット (119) トランプ (203) バイデン (269) バイデン政権 (155) ポンペオ (166) ロシア (206) ワクチン (296) 上海 (163) 中共 (1835) 中共ウイルス (521) 中共当局 (279) 中国 (1354) 中国企業 (122) 中国共産党 (886) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (162) 中国製 (118) 人権侵害 (309) 伝統文化 (213) 北京 (160) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (583) 封鎖 (116) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (198) 日本 (383) 法輪功 (247) 法輪功学習者 (129) 洪水 (165) 災害 (157) 疫病 (126) 米中対立 (123) 米国 (723) 習近平 (576) 臓器狩り (167) 英国 (113) 軍事 (187) 迫害 (159) 香港 (403)

関連記事

コメントを追加