【 十字路口】 米英豪が戦略的同盟を新たに結ぶ6つの理由【動画】

20210921 【 十字路口】 米英豪が戦略的同盟を新たに結ぶ6つの理由/真実の報道 エポックメディアNEWS

9月15日、バイデン大統領は英国および豪州との新たな戦略的パートナーシップ「米英豪同盟(AUKUS)」の締結を発表しました。このパートナーシップでは、3か国が軍事情報、情報、技術の共有における協力を拡大するだけでなく、米国と英国は豪州が8隻の原子力潜水艦を建造するのを支援し、関連技術を豪州に輸出することになります。

このニュースは直ちに国際社会を震撼させました。まず、米国が原子力潜水艦の技術を海外に輸出するのは50年ぶりのことです。次に、三国の首脳は記者会見で誰と戦うための同盟なのかを言及しませんでしたが、誰もが中国共産党(中共)に対抗するための戦略的な同盟であることを知っています。

転載真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (96) アメリカ (127) インド (105) スパイ活動 (97) チベット (110) トランプ (188) バイデン (234) バイデン政権 (138) ファーウェイ (HUAWEI) (90) ポンペオ (154) ワクチン (230) 中共 (1317) 中共ウイルス (454) 中共当局 (187) 中国 (1002) 中国企業 (94) 中国共産党 (724) 中国崩壊 (141) 中国当局 (126) 中国経済 (135) 中国製 (95) 人権侵害 (253) 伝統文化 (198) 北京 (91) 南シナ海 (114) 台湾 (404) 新型コロナウイルス (113) 新疆 (92) 新疆ウイグル人 (165) 日本 (320) 法輪功 (212) 法輪功修煉者 (111) 法輪功学習者 (95) 洪水 (157) 災害 (147) 疫病 (108) 米中対立 (121) 米共和党 (82) 米国 (550) 習近平 (418) 臓器狩り (134) 英国 (93) 軍事 (133) 迫害 (133) 香港 (329)

関連記事

コメントを追加