【横河観点】中共称賛から批判へ ソロスはなぜ変節したのか?【動画】

20210914 【横河観点】中共称賛から批判へ ソロスはなぜ変節したのか?/ 大紀元

米国の左派メディアである「ワシントン・ポスト」と「ニューヨーク・タイムズ」は9日、文章を掲載して、習近平氏の後退を批判しました。ソロス氏も1か月の間に3回も、習近平氏を批判しました。習氏は以前の中共と違っているようですが、習氏の路線が実行可能な根拠は何なのでしょうか。左派たちにとって、グローバル化した「良い時間」は二度と戻らないのでしょうか。

ここ数日、米国の左派が一斉に口火を切りました。対象は習近平氏で、中国での最近の整頓を「後退」と言い、先日のソロス氏の文章に呼応しています。ともに有名な左派ですが、中国の現在の整頓は彼らが提唱し、追求しているものではないでしょうか。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (92) アメリカ (127) インド (101) スパイ活動 (93) チベット (105) トランプ (185) バイデン (217) バイデン政権 (128) ポンペオ (153) ワクチン (211) 中共 (1219) 中共ウイルス (445) 中共当局 (177) 中国 (929) 中国企業 (91) 中国共産党 (690) 中国崩壊 (141) 中国当局 (119) 中国経済 (130) 中国製 (92) 人権侵害 (247) 伝統文化 (189) 北京 (83) 南シナ海 (104) 台湾 (364) 抗議デモ (78) 新型コロナウイルス (103) 新疆 (90) 新疆ウイグル人 (161) 日本 (294) 法輪功 (197) 法輪功修煉者 (110) 法輪功学習者 (84) 洪水 (151) 災害 (142) 疫病 (105) 米中対立 (117) 米共和党 (81) 米国 (517) 習近平 (376) 臓器狩り (125) 英国 (88) 軍事 (121) 迫害 (128) 香港 (319)

関連記事

コメントを追加