【新聞看點】通達の前から爆発は知られていた 中国と外国の専門家が早期に追跡 早期警戒メカニズムが不正常 疫病はまたもや人災か?【動画】

20210910 【新聞看點】通達の前から爆発は知られていた 中国と外国の専門家が早期に追跡 早期警戒メカニズムが不正常 疫病はまたもや人災か?/新聞看點

中共は世界に災厄をもたらしてきましたが、代表的なものが今回のコロナウイルスによるパンデミックです。 しかし、中共は、ウイルスの起源や発生時期について、始終誤魔化し続け、責任転嫁を図ってきました。 しかし最近、中共が信頼している世界有数の感染症専門家が、中共からの通達よりもはるかに早く感染症の発生を既に知っていたことを明かしました。 英国の「デイリー・メール」紙によると、コロンビア大学の教授であるイアン・リプキン氏が、高名な監督スパイク・リー氏が監督したドキュメンタリーの中で、ある時期を繰り返し強調していたと言います。それは、2019年12月15日、リプキン氏はすでに疫病の感染爆発の知らせを受けていたのです。

転載新聞看点【日本語版】


Twitter (92) アメリカ (127) インド (101) スパイ活動 (93) チベット (105) トランプ (186) バイデン (218) バイデン政権 (128) ポンペオ (153) ワクチン (212) 中共 (1224) 中共ウイルス (445) 中共当局 (177) 中国 (933) 中国企業 (91) 中国共産党 (692) 中国崩壊 (141) 中国当局 (119) 中国経済 (130) 中国製 (92) 人権侵害 (247) 伝統文化 (189) 北京 (84) 南シナ海 (104) 台湾 (366) 抗議デモ (78) 新型コロナウイルス (103) 新疆 (90) 新疆ウイグル人 (161) 日本 (294) 法輪功 (197) 法輪功修煉者 (110) 法輪功学習者 (85) 洪水 (151) 災害 (142) 疫病 (105) 米中対立 (117) 米共和党 (81) 米国 (518) 習近平 (376) 臓器狩り (125) 英国 (89) 軍事 (122) 迫害 (128) 香港 (320)

関連記事

コメントを追加