中国、人口抑制策で新疆少数民族人口は450万人減る=専門家【動画】

20210902 中国、人口抑制策で新疆少数民族人口は450万人減る=専門家 / 大紀元

中国の新疆政策に関するドイツ人専門家で、米NPO共産主義犠牲者記念財団の上級研究員でもあるエイドリアン・ゼンツ(Adrian Zenz、中国名:鄭国恩)博士はこのほど、中国当局がウイグル人など少数民族を対象にした人口抑制政策に関して論文を発表した。それによれば、同地区の少数民族の人口は今後20年内に450万人減少する見込みだという。

新疆で今後20年間に少数民族人口450万人減少の見込み

学術誌「中央アジア調査(Central Asian Survey)」は24日、ゼンツ氏の最新研究報告を掲載した。同研究報告は、中国当局は現在、持続的で組織的なアプローチをとり、女性への産児制限、他の地域での強制労働、強制収容施設での違法な拘禁、漢民族の移住などを通じて、現地のウイグル人などの人口増加を抑えていると指摘した。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (92) アメリカ (127) インド (101) スパイ活動 (93) チベット (105) トランプ (186) バイデン (218) バイデン政権 (128) ポンペオ (153) ワクチン (212) 中共 (1224) 中共ウイルス (445) 中共当局 (177) 中国 (933) 中国企業 (91) 中国共産党 (692) 中国崩壊 (141) 中国当局 (119) 中国経済 (130) 中国製 (92) 人権侵害 (247) 伝統文化 (189) 北京 (84) 南シナ海 (104) 台湾 (366) 抗議デモ (78) 新型コロナウイルス (103) 新疆 (90) 新疆ウイグル人 (161) 日本 (294) 法輪功 (197) 法輪功修煉者 (110) 法輪功学習者 (85) 洪水 (151) 災害 (142) 疫病 (105) 米中対立 (117) 米共和党 (81) 米国 (518) 習近平 (376) 臓器狩り (125) 英国 (89) 軍事 (122) 迫害 (128) 香港 (320)

関連記事

コメントを追加