【 遠見快評】戦狼からパンダへ豹変 中共は戦々恐々?【動画】

20210816 【 遠見快評】戦狼からパンダへ豹変 中共は戦々恐々?/ 大紀元

秦大使は12日、シャーマン氏を訪ねました。常に外界から「戦狼の首領」と見なされてきた秦氏は、突然いつもの姿勢を急激に軟化させ、“二国間関係を改善することが必要”など穏やかに、笑顔でメディアからの質問を受けていました。 彼はまた、“台湾問題が米中関係において最も重要でセンシティブな問題”だと強調し、シャーマン氏に対しては“中国の立場を明確に示した”としましたが、詳細については言及しませんでした。 見ての通り、かつての戦狼スタイルは「パンダ」に変わっています。 彼らがまた戦狼に戻る日はいつになるのだろうか

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (118) アメリカ (129) インド (119) ウクライナ (143) チベット (119) トランプ (203) バイデン (271) バイデン政権 (155) ポンペオ (167) ロシア (212) ワクチン (299) 上海 (168) 中共 (1880) 中共ウイルス (523) 中共当局 (287) 中共軍 (118) 中国 (1392) 中国企業 (123) 中国共産党 (900) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (165) 中国製 (121) 人権侵害 (309) 伝統文化 (213) 北京 (160) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (598) 封鎖 (117) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (199) 日本 (390) 法輪功 (254) 法輪功学習者 (134) 洪水 (167) 災害 (161) 疫病 (127) 米中対立 (123) 米国 (740) 習近平 (590) 臓器狩り (168) 軍事 (194) 迫害 (163) 香港 (409)

関連記事

コメントを追加