武漢ウイルス研究所、感染拡大前に改修入札を公募=米下院委員会報告書【動画】

20210804 武漢ウイルス研究所、感染拡大前に改修入札を公募=米下院委員会報告書 / 大紀元

米下院外交員会の報告書によると、中国武漢市にある中国科学院武漢国家生物安全実験室は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染が発生した数カ月前、同研究施設の危険廃棄物処理システム、セントラル空調などの改修工事に関する入札を公募していた。当時、同研究所は運用開始からまだ2年も経っていなかった。

報告書を入手した米フォックスニュース2日付によると、下院外交委員会の共和党議員が提出した報告書は、「同施設が稼働を開始した直後に、このような大規模な改修は珍しい」と指摘した。空気の消毒(aire disinfection)、有害廃棄物処理システム、セントラル空調システムなどの改修プロジェクトから「COVID-19発生前の数カ月間に、これらのシステムがどれほど機能していたのかという疑問を抱かざるを得ない」と報告書は示した。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (118) アメリカ (129) インド (119) ウクライナ (143) チベット (119) トランプ (203) バイデン (271) バイデン政権 (155) ポンペオ (167) ロシア (212) ワクチン (299) 上海 (168) 中共 (1880) 中共ウイルス (523) 中共当局 (287) 中共軍 (118) 中国 (1392) 中国企業 (123) 中国共産党 (900) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (165) 中国製 (121) 人権侵害 (309) 伝統文化 (213) 北京 (160) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (598) 封鎖 (117) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (199) 日本 (390) 法輪功 (254) 法輪功学習者 (134) 洪水 (167) 災害 (161) 疫病 (127) 米中対立 (123) 米国 (740) 習近平 (590) 臓器狩り (168) 軍事 (194) 迫害 (163) 香港 (409)

関連記事

コメントを追加