政府に臓器狩り調査求む【動画】

20210730 政府に臓器狩り調査求む / 大紀元

7月27日、「臓器移植を考える全国地方議員の会」に所属する丸山治章・逗子市議と笠間昇・綾瀬市議は、SMGネットワークの野村旗守事務局長とともに大島理森・衆議院議長の秘書室を訪れ、陳情書を秘書に渡した。陳情書は、中国本土で法輪功学習者等に対して行われている強制臓器収奪問題について政府に調査を求め、人権問題非難決議の成立を求める内容であり、117人の超党派の地方議員が賛同している。

対中人権問題非難決議案を巡っては、今国会中に与党内部の足並みがそろわなかったことにより見送りとなった過去がある。精力的に活動した議員がいるいっぽう、興味関心を示さなかった議員がいたことも確かだ。今回の陳情書はG7諸国で唯一中国人権問題に関して態度を表明できていない日本国会の後押しをする意味合いを持っていると考えられる。

 転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (132) アメリカ (130) ウクライナ (175) チベット (125) トランプ (218) バイデン (289) バイデン政権 (158) ポンペオ (170) ロシア (247) ワクチン (302) 上海 (182) 中共 (2010) 中共ウイルス (529) 中共当局 (296) 中共軍 (121) 中国 (1467) 中国企業 (126) 中国共産党 (927) 中国崩壊 (144) 中国当局 (137) 中国経済 (175) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (216) 北京 (177) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (652) 封鎖 (143) 抗議デモ (135) 新型コロナウイルス (161) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (401) 法輪功 (257) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (134) 米中対立 (125) 米国 (792) 習近平 (666) 臓器狩り (173) 軍事 (201) 迫害 (166) 香港 (420)

関連記事

コメントを追加