【唐浩視界】習近平がチベット視察した3つの理由【動画】

20210729 【唐浩視界】習近平がチベット視察した3つの理由 / 大紀元

河南省の洪水被害は今も続いており、実際の死傷者数は未だ不明ですが、全長5キロ近い京広路トンネルは、おそらく最も被害の大きい被災地となったのかもしれません。当局は、トンネル周辺地域に多数の軍隊や警察を配置し、トンネルを全面封鎖しました。同時に、習近平氏は被災地を訪れず、却ってチベットに向かいました。一体、京広路トンネルでの死傷者はどれほど多いのでしょうか。習氏はなぜ被災地に行って慰問しなかったのでしょうか。習氏がチベットで注目を集めたことの深い意味とはなんでしょうか。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (130) アメリカ (130) ウクライナ (170) チベット (124) トランプ (218) バイデン (288) バイデン政権 (158) ポンペオ (170) ロシア (244) ワクチン (302) 上海 (178) 中共 (1998) 中共ウイルス (529) 中共当局 (295) 中共軍 (121) 中国 (1458) 中国企業 (125) 中国共産党 (920) 中国崩壊 (144) 中国当局 (137) 中国経済 (174) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (216) 北京 (175) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (650) 封鎖 (138) 抗議デモ (123) 新型コロナウイルス (160) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (400) 法輪功 (256) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (134) 米中対立 (125) 米国 (786) 習近平 (655) 臓器狩り (173) 軍事 (201) 迫害 (166) 香港 (418)

関連記事

コメントを追加