【新聞看点】武漢ウイルス実験室主任はバイオセキュリティ問題で、米国に助けを求めた。ファウチ氏、議会の対立の後に刑事調査?【動画】

20210725 【新聞看点】武漢ウイルス実験室主任はバイオセキュリティ問題で、米国に助けを求めた / 大紀元

「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」の7月21日の報道によると、中共が定めた正式な疫病流行日の約4~6か月前に、武漢のP4実験室の室長である袁志明氏が2019年の論文の中で、研究所ではバイオセキュリティの問題が存在していることを告白し、そして、彼は2016年に、消毒剤や実験室用の密閉型安全服の必要性について、米国に要請したというのです。

  転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (130) アメリカ (130) ウクライナ (170) チベット (124) トランプ (218) バイデン (288) バイデン政権 (158) ポンペオ (170) ロシア (244) ワクチン (302) 上海 (178) 中共 (1998) 中共ウイルス (529) 中共当局 (295) 中共軍 (121) 中国 (1458) 中国企業 (125) 中国共産党 (920) 中国崩壊 (144) 中国当局 (137) 中国経済 (174) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (216) 北京 (175) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (650) 封鎖 (138) 抗議デモ (123) 新型コロナウイルス (160) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (400) 法輪功 (256) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (134) 米中対立 (125) 米国 (786) 習近平 (655) 臓器狩り (173) 軍事 (201) 迫害 (166) 香港 (418)

関連記事

コメントを追加