【遠見快評】史上初、米と同盟国中共サイバー攻撃を非難【動画】

20210721 【遠見快評】史上初、米と同盟国中共サイバー攻撃を非難 / 大紀元

ここ最近では、中共は米国とその同盟国の包囲下で、政治も経済も明らかな守りの態勢に入っています。しかし、その海外での宣伝や浸透を図る対外プロパガンダシステムだけは、逆に積極的な進攻の態勢を取っています

その進攻態勢というのは主に3つの面に現れています

1、中共がパキスタンでのバス爆発事件における異常なまでの反応
2、外国籍のネット有名人らが海外メディアの注目を集めた件

3、米国内のいわゆる「進歩団体」がホワイトハウスに対し、“中国との友好を回復するよう”集中的に圧力をかけ始めていることなどに現れています。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (130) アメリカ (130) ウクライナ (171) チベット (124) トランプ (218) バイデン (288) バイデン政権 (158) ポンペオ (170) ロシア (244) ワクチン (302) 上海 (180) 中共 (2000) 中共ウイルス (529) 中共当局 (295) 中共軍 (121) 中国 (1459) 中国企業 (125) 中国共産党 (920) 中国崩壊 (144) 中国当局 (137) 中国経済 (174) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (216) 北京 (177) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (650) 封鎖 (139) 抗議デモ (126) 新型コロナウイルス (160) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (400) 法輪功 (256) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (134) 米中対立 (125) 米国 (788) 習近平 (655) 臓器狩り (173) 軍事 (201) 迫害 (166) 香港 (418)

関連記事

コメントを追加