前米国際宗教自由大使「中国共産党は衰退している」【動画】

米国のサム・ブラウンバック前国際宗教自由特命全権大使は、7月14日にワシントンで開催された国際宗教自由サミットで、中国共産党が信仰との戦いを激化させているとし、それが共産党の弱さの表れでもあると大紀元に述べた。

「これは政権が崩れかけている時の兆候だ」という。同氏は「中国共産党はより自由ではなく、より残忍になっている。オープンで協力的ではなく、各国をいじめる戦略を取るようになっている」と同政権を批判した。

 転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (131) アメリカ (130) ウクライナ (174) チベット (125) トランプ (218) バイデン (289) バイデン政権 (158) ポンペオ (170) ロシア (246) ワクチン (302) 上海 (181) 中共 (2008) 中共ウイルス (529) 中共当局 (296) 中共軍 (121) 中国 (1464) 中国企業 (126) 中国共産党 (924) 中国崩壊 (144) 中国当局 (137) 中国経済 (174) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (216) 北京 (177) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (651) 封鎖 (142) 抗議デモ (130) 新型コロナウイルス (161) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (400) 法輪功 (257) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (134) 米中対立 (125) 米国 (791) 習近平 (663) 臓器狩り (173) 軍事 (201) 迫害 (166) 香港 (418)

関連記事

コメントを追加