独ヘッセン州データ保護当局、出生前診断企業を調査 中国BGIへの出検問題視【動画】

20210717 独ヘッセン州データ保護当局、出生前診断企業を調査 中国BGIへの出検問題視 / 大紀元

ドイツ・ヘッセン州のデータ保護規制当局は14日、医療や遺伝子研究や検査などを行う会社、エルシア(Eluthia GmbH)が中国への出生前診断のデータ転送を停止したと明らかにした。また、規制当局は、同社が中国の遺伝子解析大手BGIグループ(華大集団)が開発した出生前血液診断などを使用していることは、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)に違反したとして調査を進めているとした。

ロイター通信はこのほど、中国軍とBGIグループが出生前診断を共同開発し、検査で取集した妊婦のデータ保管・分析を行っていると報じた。報道は、データは中国当局に提出される可能性があるとした。

 転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (130) アメリカ (130) ウクライナ (171) チベット (124) トランプ (218) バイデン (288) バイデン政権 (158) ポンペオ (170) ロシア (244) ワクチン (302) 上海 (180) 中共 (2001) 中共ウイルス (529) 中共当局 (295) 中共軍 (121) 中国 (1461) 中国企業 (125) 中国共産党 (920) 中国崩壊 (144) 中国当局 (137) 中国経済 (174) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (216) 北京 (177) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (650) 封鎖 (139) 抗議デモ (126) 新型コロナウイルス (160) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (400) 法輪功 (256) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (134) 米中対立 (125) 米国 (788) 習近平 (655) 臓器狩り (173) 軍事 (201) 迫害 (166) 香港 (418)

関連記事

コメントを追加