米国務省、ロシアでの法輪功弾圧に「深い懸念」【動画】

20210714 米国務省、ロシアでの法輪功弾圧に「深い懸念」/ 大紀元

米国務省は9日、ロシアの裁判所が8日、現地の法輪功団体への取り締まりを決定したことに、「深く懸念する」との声明を発表した。同省は、ロシア政府に対して、人権と基本的自由を制限する慣行をやめ、法輪功学習者を含むすべての人々の信教の自由を尊重するよう呼びかけた。

声明は、「われわれは、ハカシア地方の法輪功学習者を『過激派』と決めつけ、学習者らの信仰とその平和的な実践を犯罪とするロシア裁判所の決定について、深く懸念している」とし、「ロシア当局は、瞑想、あるいは信仰の書籍の所持など単純な行為に対して、法輪功学習者に嫌がらせ、罰金、そして投獄を行っている」と非難した。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (118) アメリカ (129) インド (119) ウクライナ (143) チベット (119) トランプ (203) バイデン (271) バイデン政権 (155) ポンペオ (167) ロシア (212) ワクチン (299) 上海 (168) 中共 (1880) 中共ウイルス (523) 中共当局 (287) 中共軍 (118) 中国 (1392) 中国企業 (123) 中国共産党 (900) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (165) 中国製 (121) 人権侵害 (309) 伝統文化 (213) 北京 (160) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (598) 封鎖 (117) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (199) 日本 (390) 法輪功 (254) 法輪功学習者 (134) 洪水 (167) 災害 (161) 疫病 (127) 米中対立 (123) 米国 (740) 習近平 (590) 臓器狩り (168) 軍事 (194) 迫害 (163) 香港 (409)

関連記事

コメントを追加