【facts matter】殺人罪で収監された男性米地方諮問委員会の選挙に当選【動画】

20210713 【facts matter】殺人罪で収監された男性米地方諮問委員会の選挙に当選 / 大紀元

今回はワシントンD.C.の話をします。ここでは信じられないほどのことが起こりました。7月7日、殺人罪で有罪判決を受け、現在も刑務所に収監されている男性が、諮問委員会の選挙で当選しました。繰り返しますが、殺人罪で現在服役中のこの男性が、地方選挙で当選したのです。この男性はジョエル・キャストン氏で、44歳です。26年前、彼は18歳の青年を待ち伏せして殺害しました。陪審員は彼に第一級殺人の有罪判決を下しました。彼は現在、獄中ですが、有権者は彼をワシントンD.C.の近隣諮問委員会の委員に選出しました。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (118) アメリカ (129) インド (119) ウクライナ (143) チベット (119) トランプ (206) バイデン (271) バイデン政権 (155) ポンペオ (167) ロシア (212) ワクチン (299) 上海 (168) 中共 (1884) 中共ウイルス (524) 中共当局 (288) 中共軍 (118) 中国 (1398) 中国企業 (123) 中国共産党 (902) 中国崩壊 (144) 中国当局 (135) 中国経済 (165) 中国製 (122) 人権侵害 (309) 伝統文化 (213) 北京 (160) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (604) 封鎖 (118) 新型コロナウイルス (157) 新疆ウイグル人 (199) 日本 (391) 法輪功 (254) 法輪功学習者 (134) 洪水 (167) 災害 (161) 疫病 (128) 米中対立 (123) 米国 (744) 習近平 (594) 臓器狩り (168) 軍事 (194) 迫害 (163) 香港 (409)

関連記事

コメントを追加