【遠見快評】「滴滴」の米国IPOに習近平が激怒した理由。欧州議会の新決議:香港当局者の制裁と北京五輪のボイコット【動画】

20210711 【遠見快評】「滴滴」の米国IPOに習近平が激怒した理由 / 大紀元

中国のネット規制当局は4日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場したばかりの配車サービス国内最大手、「「滴滴」出行」(ディディチューシン)のアプリの配信停止を命じました。あれから5日以上が経ちましたが、この「滴滴」(ディディ)によって引き起こされた政商界の嵐は収まるどころか、今ではかえって、雪だるま式にどんどん深刻化しています。  中国の多くの関連企業が「滴滴」のせいでひどい目にあわされていると同時に、当局のほうは、行政規制を用いて海外上場の抜け道を塞ごうとしています

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (131) アメリカ (130) ウクライナ (174) チベット (125) トランプ (218) バイデン (289) バイデン政権 (158) ポンペオ (170) ロシア (246) ワクチン (302) 上海 (181) 中共 (2008) 中共ウイルス (529) 中共当局 (296) 中共軍 (121) 中国 (1464) 中国企業 (126) 中国共産党 (924) 中国崩壊 (144) 中国当局 (137) 中国経済 (174) 中国製 (125) 人権侵害 (310) 伝統文化 (216) 北京 (177) 北京五輪 (180) 南シナ海 (133) 台湾 (651) 封鎖 (142) 抗議デモ (130) 新型コロナウイルス (161) 新疆ウイグル人 (204) 日本 (400) 法輪功 (257) 法輪功学習者 (134) 洪水 (168) 災害 (166) 疫病 (134) 米中対立 (125) 米国 (791) 習近平 (663) 臓器狩り (173) 軍事 (201) 迫害 (166) 香港 (418)

関連記事

コメントを追加