【新聞看點】中共の国連文書がウイルス陰謀論を論破 中共のサイバー攻撃から20年、米中のサイバー戦争が始まる【動画】

20210701 【新聞看點】中共の国連文書がウイルス陰謀論を論破 中共のサイバー攻撃から20年、米中のサイバー戦争が始まる / 大紀元

今も世界を席巻しているパンデミックについて、武漢ウイルス研究所の唯一の外国人科学者はウイルスが自然に形成される可能性があると主張していますが、実際には、中共は以前、国連に提出した文書の中で、人工ウイルスの外部漏洩の危害が全人類に十分な影響を及ぼすことを認めました。

武漢ウイルス研究所での唯一の外国人専門家である、豪州のウイルス学者のダニエル・アンダーソン氏(Danielle Anderson)は、27日、「ブルームバーグ・ニュース」の取材を受けて、“2019年末まで武漢研究所での同僚の中に、病気にかかった人はいなかった”と述べました。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (96) アメリカ (127) インド (105) スパイ活動 (97) チベット (110) トランプ (188) バイデン (234) バイデン政権 (138) ファーウェイ (HUAWEI) (90) ポンペオ (154) ワクチン (230) 中共 (1317) 中共ウイルス (454) 中共当局 (187) 中国 (1002) 中国企業 (94) 中国共産党 (724) 中国崩壊 (141) 中国当局 (126) 中国経済 (135) 中国製 (95) 人権侵害 (253) 伝統文化 (198) 北京 (91) 南シナ海 (114) 台湾 (404) 新型コロナウイルス (113) 新疆 (92) 新疆ウイグル人 (165) 日本 (320) 法輪功 (212) 法輪功修煉者 (111) 法輪功学習者 (95) 洪水 (157) 災害 (147) 疫病 (108) 米中対立 (121) 米共和党 (82) 米国 (550) 習近平 (418) 臓器狩り (134) 英国 (93) 軍事 (133) 迫害 (133) 香港 (329)

関連記事

コメントを追加