現代中国のポストモダン「寝そべり」主義、当局が検閲【動画】

20210629 現代中国のポストモダン「寝そべり」主義、当局が検閲 / 大紀元

中国のオンラインショッピングサイトでは、「躺平(寝そべり)」という社会現象に言及した商品が削除されている。「寝そべり」は就職、住宅購入や結婚など抑圧から逃れる若者の新しい生き方として、学者は「ポストモダン的な流れだ」と評していた。しかし、中国共産党(以下、中共)は競争を避け発展に繋がらないイデオロギーとして警戒し、検閲を行なっている。

淘宝(タオバオ)や京東(ジンドン)では、ここ数日、寝そべりのスローガンが書かれたTシャツや携帯電話ケースなどが削除されていると、ネットショップの店員がラジオ・フリー・アジア(RFA)に語った。

転載 真実の報道 エポックメディアNEWS


Twitter (93) アメリカ (127) インド (103) スパイ活動 (96) チベット (109) トランプ (187) バイデン (227) バイデン政権 (135) ファーウェイ (HUAWEI) (85) ポンペオ (153) ワクチン (229) 中共 (1292) 中共ウイルス (454) 中共当局 (180) 中国 (972) 中国企業 (94) 中国共産党 (708) 中国崩壊 (141) 中国当局 (124) 中国経済 (134) 中国製 (95) 人権侵害 (250) 伝統文化 (195) 北京 (88) 南シナ海 (111) 台湾 (390) 新型コロナウイルス (111) 新疆 (91) 新疆ウイグル人 (164) 日本 (312) 法輪功 (210) 法輪功修煉者 (111) 法輪功学習者 (93) 洪水 (155) 災害 (146) 疫病 (105) 米中対立 (120) 米共和党 (82) 米国 (539) 習近平 (401) 臓器狩り (132) 英国 (93) 軍事 (132) 迫害 (133) 香港 (326)

関連記事

コメントを追加