「母親に命の危険がある」日本在住の娘が外務省前で訴える。中国共産党が記念式典前に逮捕活動が多発【動画】

20210626 「母親に命の危険がある」日本在住の娘が外務省前で訴える / 大紀元

6月25日、付偉彤(ふ・えいとう)さんはいまだ消息不明の母親を救出するため、外務省の前で陳情を行った。付さんによると、中国共産党は7月1日の「中国共産党設立100年」を祝う記念式典を前に、法輪功学習者に対する大規模な拘束活動を展開している。また、中共ウイルスによる肺炎を治療するため、拘束された法輪功学習者は往々にして強制的な臓器移植のドナーとされ、生きたまま臓器を摘出される恐れがあるという。

いっぽう、日本では付さんの母親を救出する動きも出てきている。付さんの懸命な訴えを聞いた複数の国会議員はその境遇に同情し、関係省庁に働きかけを行うと述べた。さらに、付さんは母親の釈放を呼びかける署名活動も始めており、専用ウェブサイトも近日中に公開される予定だ。

転載 大紀元 エポックタイムズ‧ジャパン


Twitter (93) アメリカ (127) インド (103) スパイ活動 (96) チベット (109) トランプ (187) バイデン (227) バイデン政権 (135) ファーウェイ (HUAWEI) (85) ポンペオ (153) ワクチン (229) 中共 (1292) 中共ウイルス (454) 中共当局 (180) 中国 (972) 中国企業 (94) 中国共産党 (708) 中国崩壊 (141) 中国当局 (124) 中国経済 (134) 中国製 (95) 人権侵害 (250) 伝統文化 (195) 北京 (88) 南シナ海 (111) 台湾 (390) 新型コロナウイルス (111) 新疆 (91) 新疆ウイグル人 (164) 日本 (312) 法輪功 (210) 法輪功修煉者 (111) 法輪功学習者 (93) 洪水 (155) 災害 (146) 疫病 (105) 米中対立 (120) 米共和党 (82) 米国 (539) 習近平 (401) 臓器狩り (132) 英国 (93) 軍事 (132) 迫害 (133) 香港 (326)

関連記事

コメントを追加